3分でわかる!遺品整理の基礎知識

遺品整理サービスとは?

遺品整理とは、「亡くなった方の持ち物だった、様々な品物を
整理して、片付けること」
です。持ち物といっても広い意味での
「財産」よりも、おもに調理器具、食器類、家具、家電などの生活用品や、
アルバム、日記、書籍、書類など、思い出や記録にあたるもの、
衣類、眼鏡や腕時計といった身に着けていたもの、といった身の回りの品々のことをさしています。

遺品整理のタイミングは?

一般的に遺品整理は、「〇〇までにしなければならない」という決まりがあるわけではなく、残されたご家族の気持ちの整理がつくことが大切と言われています。
しかし、ご家族全員の気持ちの整理がつくタイミングはなかなかないものです。
ここで、同じように遺品整理を経験された方の開始時期をご紹介します。

持ち家の場合は四十九日の法要後に
故人様が亡くなってからの7週間(四十九日)は「忌中(きちゅう)」といい、故人様の霊がこの世とあの世を行き来しているといわれています。
ですので、故人様の成仏をお祈りする四十九日の法要のタイミングから遺品整理をスタートされる方が多くいらっしゃいます。

賃貸の場合はほとんどが退去期限内に
遺品整理先が賃貸物件の場合、最も気にしなければならないのが退去期限です。
月をまたぐとさらに家賃が発生してしまうため、賃貸物件の場合は、できる限り月内で それがどうしても難しければ翌月末までに作業される方がほとんどです。

遺品整理の意外な落とし穴

1 モノが多すぎる
遺品整理で最大の問題となるのがモノの多さです。
いざ整理を始めても「どこから手をつけていいのかわからない」と頭を抱える人も少なくありません。押し入れや戸棚、納戸、物置…、あらゆる収納スペースにモノが詰め込まれているからです。
それを家族だけで整理しようとすると、1日や数日では難しく、数か月単位で時間がかかってしまいます。

2 ゴミ処理は地域のルールに従わなければならない
遺品整理をすると大量の廃棄物が出ます。ほとんどの場合、小型トラック数台分の分量に至ります。
行政サービスのゴミ収集に出せば、費用はゴミ袋代しかかかりませんが、そのためには地域で決まっている分別をしてから、決められた日にゴミ出しをする必要があります。
また。粗大ゴミは有料というケースもありますので、前もって市町村に確認しなければなりません。

3 「遠距離片付け」はラクじゃない
遺品整理先がご自宅の近くにあればよいのですが、遠距離の場合は移動時間も考えてスケジュールを組まなければなりません。
都会で仕事を持っている人が田舎にあるご実家で遺品整理をするとなれば、スケジュールを調整して仕事を何日か休み、それを何回も繰り返して、何か月もかかるケースが多くあります。時間だけではなく、移動費も多くかかってしまいます。

こんな方のお役に立つサービスです!!

たとえば…
賃貸物件なので
早急に退去しなければ
ならない
たとえば…
遠方に
住んでいるので
作業ができない
たとえば…
量が多く
自分では
処理できない
たとえば…
長年空家になっている
家や部屋を整理したい
たとえば…
気持ちの整理がつかないので
思い切って
専門業者に任せたい

リリーフの遺品整理サービスとは?

丁寧に素早く。それが私たちのモットーです。

遺品整理は、故人さまの残された物を扱う仕事。
丁寧な仕事が何よりも大切です。

また、時には脱臭・除菌を伴う特殊清掃が必要な場合もあります。
その際には、故人宅の周辺の方に不愉快を与えない素早い作業を
大切にしております。

遺品整理は基本的にご関係者様のお立会いの下で
実施いたしますが、ご都合が合わない等の場合は、
私たちが最後まで責任をもって対応させていただきます。
幅広い状況に柔軟・迅速・丁寧に対応できるのが、リリーフの遺品整理です。

ページトップへ