遺品整理で高く売れるものとは?

遺品整理・特殊清掃はリリーフにお任せ下さい。大阪・兵庫・宮城・東京・千葉・埼玉・神奈川・滋賀・沖縄

遺品整理で高く売れるものとは?

2019/09/26遺品整理

いったん遺産相続が完了したのであれば、遺産を売却することに法的な問題は何もありません。

価値を感じる人へ売却したり、保管の負担を減らしたりという意味で遺族のためにもなります。

一般の中古品としても高く売れるものは、遺品整理時にも高額査定となる可能性が高いです。

古美術や着物など年代や作家によっては意外な高値がつくものがありますので、リサイクルショップにまとめて査定に出すよりも、専門業者に査定してもらうのがおすすめです。

遺品を売却してもいいのか?

故人が残したものを売ってしまうのは、罰当たりな気がするという意見もあります。

確かに故人にとって思い入れがあるものを売却してしまうというのは、少し気が引けるというのはうなずけますね。

しかし、遺品を処分することや売却することは、法的に問題あることではありません。

むしろ再利用するほうが世の中の役に立つといえます。

故人にとって価値があるものであっても、遺族にとってはあまり価値を感じないというものは意外と多くあります。

それらの遺品は、別の誰かにとっては欲しいものであったりするのです。

それならば、価値を感じる人の元にいくのが、その遺品にとってもよいのではないでしょうか。

遺品整理は、ある意味世の中の誰かのためになることを覚えておきましょう。

また、遺品は所持したり保存したりするだけで、遺族の負担になることがあります。

負担を感じながらも保管し続けてもらうことは、故人も望まないのではないでしょうか。

遺産整理について遺族の中で反対意見がないのではあれば、高く売れるものは処分してしまうのが遺族のためでもあります。

どんな遺品が高く売れるのか?

高く売れるものは、一般的にリサイクルショップなどでも高く買い取ってくれるものです。

ブランド物のバッグや財布、時計、貴金属、家具家電などは、普通の中古品と変わりなく売ることができます。

ただ、ブランド品や時計などは買取業者ごとに専門がありますから、まとめてリサイクルショップに査定に出すよりも、複数業者に見積もりを出してもらうのがおすすめです。

出来れば生前にどれが価値のあるものかを話をしておけば間違って価値のあるものを捨ててしまうリスクも回避できます。

また、最近流行りの個人間取引「フリマアプリ」等への出品等をおこない価値のある品物を現金化して美味しいものを食べたり旅行に行くなど想い出をたくさん作るための資金にするのもいいリユースの仕方ではないでしょうか。

一覧へ戻る