遺品整理を業者に頼むメリットとは?

遺品整理・特殊清掃はリリーフにお任せ下さい。大阪・兵庫・宮城・東京・千葉・埼玉・神奈川・滋賀・沖縄

遺品整理を業者に頼むメリットとは?

2019/09/26遺品整理

遺品整理の必要性が出たときに迷うのが、自分たちで作業するか、業者に任せるかということでしょう。

業者に依頼すれば費用がかかるため、迷っているのではないでしょうか。しかし、遺品整理業者に依頼すると多数のメリットが得られます。

もう一度業者に依頼するときのメリット・デメリットを確認してみましょう。

遺品整理業者のなかには悪徳業者もいるので、安全な業者の見つけ方もチェックしてください。

遺品整理を業者に依頼するメリット

遺品整理を自分たちでやろうと思っても、時間や手間もかかります。

できるだけリスクを減らしたいと考えるなら、遺品整理業者に依頼しましょう。

  • 短時間で遺品整理を済ませられる
  • 大型家具などの重い物の運び出しが不要
  • 相続や空き家などの相談を専門家にできる
  • 遺品供養をしてもらえる
  • 遺品の買い取りが可能な業者もある

遺品整理を業者に依頼すると、上記のようなメリットが得られます。

短時間で遺品整理を済ませられる

人が1人住んでいた家を自分たちだけで片付けようとすれば、相当な時間がかかります。

ゴミの分別や大型ゴミの回収、遺品の仕分けまで必要です。

遺族が遠方に住んでいればわざわざ遠くから来なければならず、交通費がかかるでしょう。

普段仕事をしている人は仕事を休んで遺品整理をする方も少なくありません。

一方で遺品整理業者は、最短なら1日で作業が完了します。

大型家具など重い物の運び出しが不要

遺品の中には大型のタンスや冷蔵庫など、重い物の運び出しが必要な場合があります。

高齢の方や女性だけだと、現実的に運び出すのは不可能でしょう。お手伝いできる男性がいたとしても、無理して腰を痛める可能性もあります。

遺品整理業者に依頼すれば、重たい物を運ぶ必要はありません。

相続や空き家などの相談を専門家にできる

遺品整理を専門にやっている業者の中には、整理後のトラブルに対応するところもあります。

残された遺品に高価な品物や現金などが残されていて、相続のトラブルがおこることもあるでしょう。

住んでいた家が持ち家だった場合は、その後の対応も考えなければなりません。

遺品整理業者が弁護士と提携しているところなら、相続や空き家の相談もできます。

遺品供養をしてもらえる

遺品の中には、供養が必要な物もあります。たとえば仏壇や神棚などです。

遺品整理業者に依頼すれば、ゴミの処分から遺品供養までやってくれます。

必要であればお寺や神社に供養の依頼をしてくれるので、手間がかかりません。

遺品の買い取りが可能な業者もある

遺品整理業者の中には、買い取りまで対応するところもあります。

残された遺品の中にまだ使える物や、価値のある物が残されている場合は、買い取りしてもらうとよいでしょう。

買い取りしてもらえば遺品整理にかかる費用の節約ができます。

資源の有効活用にもなるので、精神的な面でもメリットがあります。

遺品整理を業者に依頼するデメリット

遺品整理業者は便利なサービスである一方で、デメリットの部分もあります。

  • 自分で遺品整理するより費用が高くなりやすい
  • 気持ちの整理をつける時間がない

自分で遺品整理をするべきか迷ったら、遺品整理業者に依頼するときのデメリットの部分も注目してみましょう。

自分で遺品整理するより費用が高くなりやすい

遺品整理業者は短期間で必要な物の分別から、不用品の処分までします。

短期間で作業するにはそれなりの人員が必要となるので、自分で遺品整理するときと比べて費用が高くなりやすいでしょう。

ゴミの処分料だけを考えても安くて数万円、高ければ数十万円かかることもあります。

しかし、自分で遺品整理をする場合も、ゴミの処分料や、リサイクル家電の回収費用、交通費などがかかるでしょう。

時間的なコストもかかるので、費用をかけて短期間で業者にやってもらったほうがよい場合もあります。

気持ちの整理をつける時間がない

遺品整理を業者に依頼してしまうと、あっという間に作業が終了します。

遺族が故人の残した物を1つずつ確認して、思い出に浸る時間はありません。

ただし、遺品整理業者の中には、残したい場所には手を付けず後で整理できる方法も選択できます。

思い出に浸りながらじっくり整理したい場合は、対応力のある遺品整理業者を選びましょう。

一覧へ戻る